築榊講常夜燈(つきさかこうじょうやとう)

常夜燈は、寺戸町初田にあり、天保13年(1842)に伊勢参りの講の一つ、築榊講の人々によって建てられました。現在は、家並みの谷間になっていますが、かつては一際高く明かりが灯され、西国街道を往来する人々の安全を祈っていました。
築榊講常夜燈(つきさかこうじょうやとう)
住所
〒617-0002 向日市寺戸町初田

コメント

コメントする

お名前
画像
本文
TOP