南真経寺

鶏冠井町大極殿にある日蓮宗の寺院で、鎌倉時代末期に日像上人の布教により、村人の全てが日蓮宗に改宗した信仰の中心でもあります。もとは、南・北真経寺は一つのお寺で、現在の北真経寺の位置にありましたが、檀林の開校に伴い、現在の場所に建てられました。江戸時代初期に建立された本堂や開山堂は、京都府の文化財(建造物)に指定されています。
南真経寺
住所
向日市鶏冠井町大極殿
アクセス
阪急電鉄京都本線西向日駅から徒歩5分。

コメント

コメントする

お名前
画像
本文
TOP